ペロブスカイト型Sr1-xBaxCoO3における強磁性ーらせん磁性転移に関する論文がPhys. Rev. Materials誌に掲載されました。前所属の東京大学石渡研での研究成果です。
https://link.aps.org/doi/10.1103/PhysRevMaterials.2.104412

スピネル型MgTi204における原子変位の局所構造に関する論文がPhys. Rev. B誌に掲載されました。鳥越君と服部君を中心とする花咲研での研究成果です。
https://link.aps.org/doi/10.1103/PhysRevB.98.134443